万病の元の糖尿病を治す

糖尿病から認知症へ

看護師

糖尿病患者の認知症になる率といういのはとても高いです。血中の濃すぎるブドウ糖が脳内にアミロイドを蓄積するので、それが原因で認知症やアルツハイマー病になるとも言われています。そもそも糖尿病は、インシュリンの分泌不足やインシュリンの受容体の感作によって、インシュリンが適切に体の中で作用されないことで起こります。そうなると血管の中のブドウ糖が細胞内に取り込まれずに、細胞を傷つけたり、血中のたんぱく質や脂肪と結合して灰化して最終糖化物質となって脳血栓の原因となる血栓を作ったりします。また、血管の中に溜まり血流を悪くしたり血管を劣化させたりします。このように糖尿病は他の疾病に多く関わると同時に脳にも多大な影響を与えてしまいます。小岩市内でも糖尿病を治療してくれる内科は多くありますが糖尿と診断されて、そのまま薬を出し続けるという診療をするところが多いです。糖尿治療を薬剤投与だけではなく、カウンセリング、食事指導をしっかりしてくれる医院を小岩で探す事をお勧めします。食事療法もしっかリと併用して、自分自身で病気を克服しようとする意志を持って、それに付き合ってくれる小岩の医師を探す事がとても重要です。なぜなら糖尿病は一度診療にかかると、なかなか薬剤投与から抜け出させてくれない医院が多いからです。改善のないまま、薬剤投与だけを続けて行くと、認知症になったり腎臓透析になる率というは人によってとても高くなります。ですから、小岩で糖尿を治療しようと思ったら、まずその医院の方向性と自分の方向性が合うところを探しましょう。

血糖値の変化を見る

ハート

食事の中にはたくさんの栄養分があり、三大栄養素の他にミネラルやビタミンなどもあります。サプリメントで個別に取ることもありますが、通常は自然にある食品から均等にとっていきます。その中でもエネルギー分として必要になるのが糖分になります。食事をして消化吸収されると、糖分は血液に放出されます。そして、血液中の糖分をエネルギーとして使うべく、インスリンが分泌されます。小岩の病院において、このインスリンがうまく出ない状態が糖尿病としています。検査をするにはまずは血糖値の状態を調べ、異常値なら糖尿病の可能性があります。小岩の病院においても、血液検査をするだけで簡単に調べることができるので、受けてみると良いでしょう。慢性的な糖尿病の場合、小岩の病院で検査をすればすぐにわかります。しかし、初期の状態などはわかりません。前日に食事を抜いて血液検査をすれば、すっかり血糖値が下がってしまっているからです。小岩の病院でも行われる糖尿病の検査の方法として、空腹時血糖と食後2時間血糖の値の比較になります。空腹時に低いことはもちろんですが、食後2時間経過後にもそれなりに低くなっていれば異常がないとされます。もし、高い状態が維持されているなら、その時はインスリンの分泌が良くない状態かもしれません。実際に検査中に飲食をするのは無理なので、ブドウ糖負荷試験等で、食事をしたのと同じ状態を作って行います。一般的な病院であれば行ってもらえますし、健康診断を行っているところでも可能でしょう。クリニックなら、循環器系の治療をしてくれるところが良いでしょう。

患者にも必要な基礎知識

考える人

小岩で糖尿病治療の検討をしている方やご家族の方にも、基本的な病気の知識が必要になります。まず、糖尿病には2つの種類があり、1型糖尿病と2型糖尿病に分かれています。1型は、膵臓でインスリンを作るβ細胞が壊れてしまう状態で、インスリンをほとんど、もしくは全く作れないタイプです。子どもが発症するケースが多いですが、どの年齢でも起こり得ます。急に発症することもあるので、定期的な検査をしておくと良いでしょう。一方、2型は食生活の欧米化や運動不足、加齢などを原因として発症するタイプで、日本人の糖尿病患者のおよそ95%は2型だと言われています。その他にも分類があり、妊娠しているときに発症する一時的な高血糖状態を妊娠糖尿病と呼んでいます。まれに、他の疾患の治療をしていてステロイドを服用すると、二次的に糖尿病を発症する可能性も指摘されています。多くは2型を発症していますので、肥満や高血圧、ストレスなどによる原因を対処する必要があるのです。そうすることで、しっかり予防することができます。小岩で医療機関を探している人は、糖尿病の分類を理解したうえで相談しやすいところを探すと安心です。健康診断で注意を受けた方も含め、小岩で専門的な知識のある医師に相談しながら予防や治療をしたほうが無理なく継続できると推奨されています。糖尿病の状態を放置すると、合併症のリスクもあるので、小岩の医療機関で早期の予防と治療を検討してみましょう。