アドバイスを受けよう

生活改善に役立つ助言

医者

糖尿病は初期の段階では一見すると無症状ですが、そのまま放置していると体のさまざまな部位に影響を及ぼすようになるため早期ケアが大切です。健康診断などで血糖値が高いと言われた方は小岩の病院で精密検査を受けましょう。小岩の病院なら血糖値の測定のほかHbA1cの測定で迅速かつ正確な診断が可能です。血液検査によって2型糖尿病と診断された場合は即座に治療を開始します。糖尿病の初期段階の治療はインスリンによる血糖値コントロールや投薬のほか、日常生活における食事のコントロールなどが中心となります。そのため糖尿病の治療では定期的な診察と合わせて家族のサポートも重要です。家族が糖尿病と診断されたときはまず食事の内容を改善しましょう。糖尿病患者の食事は1日あたり1600キロカロリーが目安とされています。これよりも1日の摂取カロリーが明らかにオーバーしている場合は、少しずつ目安に近づくように食事の献立をアレンジするようにしましょう。利用する食材については基本的に制限はありません。バランスの良い食事を心がけ野菜や豆腐などの食材を上手く活用して、全体の油や調味料の使用量を少しだけ控えるようにしましょう。小岩の病院では糖尿病の診断と治療のほか糖尿病患者向けの献立の紹介や、日常生活で気をつけるポイントのレクチャーなども行っています。専門医から体調が悪化した際の対処法などもアドバイスしてもらえるので、小岩の病院なら安心して治療を継続することができます。

食事療法と運動療法が中心

相談

糖尿病は血液中の血糖値(血液の中のブドウ糖の濃度)が慢性的に高い状態になり、身体に異常が現れる病気です。糖尿病の原因には肥満が大きく関わるといわれています。食事をすると腸からブドウ糖が吸収され血糖値が上がりますが、膵臓から分泌されているインスリンというホルモンの働きで、血糖値が高くなり過ぎないように調節されいます。しかし肥満になると、このインスリンが効きにくくなるのです。糖尿病の初期には、自覚症状が現れないため放置してしまう小岩の人が多く、様々な合併症を引き起こすリスクが高まります。小岩で行う糖尿病の治療は、血糖を良好な状態にコントロールすることが基本です。そのために食事療法や運動量法で生活習慣を改善し、必要に応じて薬物療法を行います。特に食事と運動は糖尿病の治療には欠かすことのできない大切な治療法です。食事療法では、患者さんの体重と身長、1日の身体活動量などをもとに正しい食生活を心がけ、食事のエネルギー量や栄養のバランスなどを指導されます。運動療法には、インスリンの抵抗性の改善や肥満解消等の効果があります。しかし運動することでかえって病気が悪化することもあるため、運動療法を始める前に小岩の医療機関で身体の状態をチェックし、本人に合った運動を行うことが大切です。小岩で運動を行ってすぐに現れる効果が血糖値の改善です。筋肉を動かすにはエネルギー源となるブドウ糖が必要です。筋肉を動かすことで血液中のブドウ糖が筋肉に取り込まれて減り血糖値が下がります。

定期的な検診が大切

聴診器

糖尿病は初期には自覚症状がほとんど無いといわれています。一般的に喉が渇く事や大量の水を飲む、痩せてくるなどと聞きますがそのような状態になった時にはすでに要注意の状態です。また、疲れやすい、だるい、尿の回数が増えたなどの症状もそのままにしないで受診してきちんと検査を受ける必要があります。糖尿病は放置すると、とても重大な病気に繋がってしまう可能性が高い病気です。血液中のブドウ糖の高い状態を高血糖といいます。この状態を放置したままでいると、合併症を起こします。後天性の失明原因の第一位である視覚障害が起こります。また腎臓病や心臓病、足の壊疽などの引き金になる事も多く放置は危険です。ただし早期に糖尿病の発見をし血糖コントロールを行う事でこれらを防ぐことが出来ます。小岩では、40代以上で肥満の人は糖尿病の検査を受ける事を勧めています。ただし肥満の人だけがかかる病気ではなく、痩せていてもお酒をよく飲む方や炭水化物の過剰摂取から引き起こってしまう事もあります。小岩には糖尿病に対する食事療法や運動療法、薬物療法を行う専門医がいます。個人病院が多くある小岩には、糖尿病の症状だけを見るのではなく医師と患者が信頼関係を持ち糖尿病を軸として、全身の状態を見てくれる専門医がいます。小岩で糖尿病と診断された場合には医師の指導の下できちんとカロリー制限などを行い、恐ろしい合併症を防ぐようにしましょう。血糖コントロールをしっかりと行う事で健康な人とおなじように日常生活を送る事か可能です。