気になる病気の遺伝のこと

家族で悩む人がいるなら

ナース

糖尿病は、何らかの理由によりインスリンの働きが低下して、血糖値のコントロールが難しくなってしまう病気です。臓器が傷つき、インスリンの分泌量が低下しているケースや、生活習慣や遺伝などの様々な要素が絡んで、インスリンの働きが弱くなってしまうケースが存在しています。日本に多いのは、後者のタイプの患者さんです。こうした話を耳にすると、では糖尿病は遺伝する病気なのかと不安になる方もいるでしょう。特に家族に糖尿病を患う人がいれば、なおさらです。糖尿病が遺伝するのかという問いの答えは、どちらともいえないというのが一般論です。糖尿病は必ず遺伝する病気ではありません。しかし一方で、糖尿病になりやすい体質は遺伝すると考えられています。糖尿病の家族がいる人は罹患リスクが高いと言って良いでしょう。だからこそ、定期的に健診を受けて自身の健康状態を把握しておくことが重要です。小岩には糖尿病に対応してくれるクリニックも多数あります。もし本当に病気になったときには、頻繁に通うことになります。小岩エリアの中でも、自分にとって通院しやすい病院を選ぶのがオススメです。また同じ小岩の病院に、家族と共に通うことができれば、家族歴などもわかりやすくなります。遺伝的な要素もある病気ですから、早い段階から対策できるかもしれません。糖尿病では、長く病院と付き合っていくことになります。小岩のクリニックの中でも、口コミでの評判の高いところを選べば、安心してお任せできることでしょう。

主治医になったつもりで

ドクター

血糖値の高い人が増加しています。健康診断で血糖値が高めと指摘された人は皆、糖尿病予備群か既に糖尿病になっている人たちです。厚生労働省が3年おきに行っている糖尿病患者調査では、2014年糖尿病で治療を継続的に行っているとされる患者数は、推定 316万6,000人で、前回の調査よりも増加しています。日本で糖尿病患者が増加した原因は、食生活が豊かなことや運動不足、肥満、過度のストレスなど様々なものが考えられます。高血糖は、糖尿病予備群の段階のみならず、本格的な治療が必要な糖尿病になっても、痛みなどの自覚症状はほとんど現れません。そのため検診で血糖値が高い、治療が必要などと言われても、何もせずそのまま放置してしまう人が少なくないのが実情です。しかし高血糖が糖尿病になり、さらに進行すると様々な合併症のリスクが高まります。小岩で血糖値が高いと指摘されたら、放置しないで主治医、または糖尿病専門医がいる小岩の病院で受診することが大事です。受診の結果、糖尿病予備群と診断された場合は、食事療法や運動療法を指示されます。小岩の病院を定期的に受診し、血糖値などの経緯を追い、経過が良好なら投薬の必要はありません。しかし、食事療法や運動療法の効果が出ない場合や高血圧、脂質異常症、抗尿酸血症などが合併している場合は、服薬が必要になります。高血糖になったら「自分の主治医は自分である」と言う心構えで、小岩の医師の指示の元、食事療法・運動療法を続けることが大切です。

長期的に治療

病院内

糖尿病は、生活習慣病のひとつとされています。放っておくと重篤な合併症が生じてしまいますので、適切な治療と生活習慣の見直しが必要となります。健康診断や人間ドッグなどで発見される事が多く、初期段階では症状があまり感じられない事も多いです。出来るだけ初期の段階で治療や生活習慣を見直す事が重要になりますので、糖尿病と診断されたら、糖尿病専門医が在籍しているクリニックに通うと効果的です。小岩には、優秀な糖尿病専門医が在籍しているクリニックがあるので、自分に合うクリニックに通いましょう。小岩駅からのアクセスもよく通いやすいクリニックであれば、通院が負担になりません。小岩駅周辺には、糖尿病科を設けている病院もあります。また、病院を探す場合は、口コミや評判などを参考に選ぶ事も出来ます。医療施設によって設備や院内環境は異なりますし、医師との相性も重要となります。きちんとコミュニケーションのとれる医師に対応してもらう事で生活を送る上での注意点やアドバイスなども受ける事が出来るでしょう。糖尿病の多くは長期的な治療を余儀なくされますので、通いやすいクリニックや病院を選ぶ事が大事です。病院では薬を使った治療の他にも、栄養指導などを同時に受けて食事療法にも取り組みます。初期段階であれば、食事療法でかなり改善されるでしょう。小岩の糖尿病専門外来では隠れ糖尿病まで見つけ出し治療へと導くので、健康を維持する為にも定期的な健康診断や適切な治療は重要です。