注意しておきたい低血糖

低血糖の際はブドウ糖を

病院

運動不足をはじめ、高カロリーの食事や炭水化物の取り過ぎでも発症するのが糖尿病です。小岩エリア周辺にはこの病気の専門外来や内科も多いため、たくさんの方が小岩の医療施設で治療に取り組まれています。糖尿病の治療は、運動療法や食事療法から行われますので、最初は薬が処方されないことも珍しくありませんが、副作用に関して知っておくのも大切です。糖尿病で処方される頻度が多い経口薬では、スルホニルウレア系の薬があります。これは膵臓のベータ細胞と結びつき、インスリンの分泌を促すことで血糖値を下げる薬ですが、血糖値を下げ過ぎてしまい、低血糖という副作用を起こす場合があるのです。低血糖になりますと、手足が震えたり、力が抜けてふらつくようになるなど、様々な症状が出ます。気分が悪くなったり、冷や汗をかき始めることも主な副作用ですから、それらの状態になった時は、砂糖より吸収性の良いブドウ糖を摂るなど、速やかな対応が不可欠です。そこで、糖尿病の治療で薬を飲む場合は、いつでも飲めるようにブドウ糖を準備しておくと良いでしょう。また、αグルコシダーゼ阻害薬も、血糖値を下げる働きがあるため、小岩の病院でも処方されている薬です。この血糖降下薬は、単独使用では低血糖になるリスクは殆どないとされていますが、ほかの薬との関係で、低血糖になるともされています。そのほか、腸内で糖の分解と発酵が進むことでガスが発生し、おならの増加や膨満感、ならびに下痢なども主な副作用です。何れの薬でも万が一低血糖になった際、糖分を摂取しても一考に回復しない場合は、掛かりつけの小岩の病院へ連絡するなど、放置しないことが肝心です。

以前は成人病の代表だった

看護師

中高年の人がなりやすい病気は、以前は成人病といわれていました。今は生活習慣病に名前を変えています。その理由の一つとしては、それらの病気が中高齢特有の病気と勘違いされてしまうからのようです。実際には、若い人でもそれらの病気になることはあります。小岩の病院では糖尿病の治療が行われていますが、実際にはなりやすい年齢などがあるかです。子供の場合、成長期のこともあって動き回ります。学校での授業もあるので、よほど偏った食事をしない限りには問題ないかもしれません。ただ、肥満状態が続くと問題が出ることもあります。同じことは中高生や大学生などでもいえます。だらだらとした生活をし、ジュースやスナック菓子などをたくさん食べているとなる可能性はあります。小岩の病院の糖尿病の患者の場合、なりやすい年齢としては中高齢が多いようです。30歳代後半から60歳蔵までの働き盛りといわれる人たちです。小岩の病院によると、これらの年齢の人はあまり運動などをしません。その一方で飲食はそれなりにします。ですから糖尿病になりやすくなるようです。高血糖状態が続くことで血管などにダメージが行きやすく、さらにインスリンの分泌が少なくなれば余計に進行しやすくなります。肥満の状態になると、余計に体を動かしにくくなるので、さらにひどくなる可能性があります。小岩の病院では、メタボリック診断をきっかけにできるだけ糖尿病になることの問題点を伝えています。30歳代以降で一定の体型になると、より指導が強くなります。

投薬による治療が中心です

医者

糖尿病は初期段階では、自覚症状が少ないですが、喉の渇きを感じやすかったり、体重の減少や体のだるさなどを感じやすくなります。健康診断で血糖値が高めだと診断された人は、血糖値をコントロールさせる努力が必要です。小岩の内科のクリニックでは、専門的な知識を持っている医師が在籍をしており、血液検査や尿検査などの検査を行ってくれます。糖尿病予備軍や糖尿病と診断されたら、生活習慣や食生活を見直す努力が必要です。小岩の内科のクリニックでは、内服薬を処方してくれるので、薬物療法を根気よく続ける必要があります。薬の効果を高めるためには、食事療法は欠かせなくなっているため、丁寧なアドバイスを行ってくれます。糖尿病は膵臓の機能が低下して、インスリンがうまく分泌されないため、血液中の糖分をうまく代謝が出来なくなってしまう病気です。小岩の内科のクリニックでは、血糖値が高めの人には、インスリンの注射を行い、心臓病や脳梗塞、腎臓病などの合併症を防ぐための治療も行っています。糖尿病は必ずしも、入院が必要でない場合も多く、小岩の内科のクリニックでは、外来による診療や治療を行っています。糖尿病は血糖値を安定させることで、合併症を予防できるので、以前に比べると長寿な人が増えています。糖尿病は慢性の疾患なので、完治をするのは難しい病気なので、定期的に小岩の内科のクリニックを受診して、治療を続ける必要があります。小岩の内科のクリニックでは、靴下を脱いでもらい、フットケアも積極的に行っています。